FAQs

よくある質問

製品の取り付けに関するご質問

Q1.どんなギターにも付けられますか?
ペグボタンをネジではずせるタイプにのみ付けることができます。オープンバックのオールドタイプのペグはペグボタンを取り外すことができな ため取り付けることができません。

Q2.取り付けは自分でできますか?
お手持ちのギターのネジをはずして取り付けるだけですので、お一人でも取り付けることができます。ただし取り外した時にワッシャー類などが 落ちて紛失しやすいため気をつけてください。(ワッシャー類は既存のものを利用します)
ご購入していただいた販売店でも取り付けることが可能です。取り付け方法については こちら を参照してください。


Q3.サイズはどれを選べばよいですか?
ギターのペグマシンは様々なメーカーや新旧のものがあり穴のサイズが規格化されておりません。SOUND-Gでは主なメーカーを調査して S、M、L の 3種類の角穴を準備しております。詳しくは スペック のページを参照してください。

ご購入後に関するご質問

Q4.手入れは必要ですか?
本製品は金属の質感をそのまま活かすためメッキを施しておりません。そのため時間が経つと色が濃くなってきます。そのままでもアンティーク感が出ますし、 指で擦るだけでも光沢がでます。また、貴金属用のポリッシュクロスなどで磨くと購入時の輝きを取り戻すことができます。

Q5.付いてしまった傷を取ることはできますか?
傷に関しては弊社では取ることはできません。ギター本体と同様、傷も風格の一つですが、気になるようであれば金属の素材にあったコンパウンドなどを使ってお客様でご対応いただけますようお願いいたします。

Q6.元のペグボタンに戻すことはできますか?
取り付けた時と同じ要領でいつでも元に戻すことができます。取り外したペグボタンやネジはなくさないように製品のパッケージ箱を利用して保存していただくよう お願いいたします。

その他のご質問

Q7.自分でデザインしたペグを特注できますか?
デザインにこだわりのある方やミュージシャンから時々依頼ありますが、メールにてご相談させていただければと思います。

Q8.純金やチタンなどで製作することはできますか?
通常の量産ラインではできませんが、特注扱いで製作することはできます。ご希望の場合は メールにてご相談させていただければと思います。

Q9.取り付けるピンの形が特殊なのですがペグボタンの穴を対応させることはできますか?
ピンの形状にもよりますが、場合によっては特注で対応することができます。一度メールにてご相談させていただければと思います。

Page Top

Japan

English